読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世渡り下手の人生

~要領よく生きれる日をずっと待ってる~

ストレスに気が付いてしまったから

最近になって、自分がストレスが溜まっている事を改めて自覚した。
手を見てみると分かる。
性格に言うと「指」なのだが、ボロボロになっている時は末期だ。
ちなみに今は末期の方です。

要はね、ストレスが溜まると指のささくれとか、余分な皮を剥いてしまうのです。
だから爪の際辺りの皮がやたらささくれてて今最高に汚い手をしている。
「じゃあ辞めればいいじゃん」って思われるかもしれないが、本当に無自覚にやっている行為なので、気が付くと指を触ってしまっているのだ。
一種の自傷行為みたいですね。

たまたま自分の指をまじまじ見る機会があって、ようやくストレスが溜まった時にする自分の癖を思い出したのだ。
小学生の時は本当に酷くて、指紋が半分無くなる位まで剥いてしまっていた時期もあった。
恐らく、「ストレスが溜まっていると」ではなくて「ストレスが上手く吐き出せていない」時にやってしまうのだと思う。


本当にここ1か月の間に、会社でこれでもかとばかりに嫌な事が立て続けにあった。
そして異動したばかりなのもあって、それを訴えたり聞いてくれる人もいないし、気もずっと遣っている状態。

「あちこち気をまわしてくれて助かる」と言われる反面、自分が忙しくても大変な事になっていても誰も助けてくれない時にふと、「少し位手伝ってくれても・・・」と、心の中で見返りを求めてしまう自分がいる。
みんな忙しいんだし、無理ですよねそりゃ。


でも自覚した以上は治す!!
綺麗な手に戻して、自信持ってアップ出来る位にしたい!
ネイリストさんの前に差し出しても恥ずかしくない様な手に戻したい!!

こればっかりは自分で気を付けなくちゃ何も始まらない。
ストレスも上手く吐き出せるように逃げ場を探そう。
このままでは駄目だ、恐らく私は潰れる。

変えよう、逃げよう。
よし、来月は有給取ろう。忙しいからとか圧掛けられても絶対に取る。