読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世渡り下手の人生

なんでもない日記です

かんべんしてください

 
1日目から体力を使い果たした。
 
朝、来るべき部門のリーダーがいつまでも出勤して来ない。
誰に聞いても連絡はきておらず、連絡をしてもお留守番サービス。
それでもさほど心配してなくて(寝坊良くするから基本ギリギリに来る)ただの遅刻だろうと考えていた。
 
1時間後、さすがにおかしいと誰もが思い始める、けれど連絡手段は尽きていた。
すると違う部門の人がLINEを入れてくれていたらしく返信が!
「休みます。」
違う、違うそうじゃない。
もっと大事なことあるでしょ!!
 
ようやく電話が繋がり事情を聞いたところ、親が熱を出したとの事だった。
休むのは悪い事ではないけれど、心配しちゃうし、予定も変えなきゃいけないのだから、リーダーである以上ホウレンソウしてよ…( ;´Д`)
 
 
そしてこういう日に限って訳の分からん案件が飛んでくる。
 
ずっとここ何年もA社に送っていた物件をB社にすると先方が言いだしてきた。
でもA社に黙ってやる訳いかないのでーと言うと「C社(仲介業社)がそれでいいと言った」と言ってきたのだ。
 
いやだからそれA社にもB社にも話通してないじゃん。C社に言っても埒があかないので直接A社へコンタクト。
答えはNo、そりゃ何年もそれできたのに勝手に変えれるわけないじゃんね。
 
その旨をなんか意見が相違しているC社と、それを鵜呑みにしてしまった先方へ
C社も先方もじゃあ今まで通りA社にーと納得してくれて終話した。


午後になって、忙しさもピーク。
そんな中、「叶えさん宛電話」
大抵は部門指定で電話してくるので、個人指定はなかなかない。
「有難うございます誰からですか?」
「安田さん(先方のトップ)」
ラスボスきたーーー!!
 
私らの中では最も恐るべき事態、この人は滅多に出てこない最終兵器、そんな人に指名されて絶体絶命の私。
受話器に向かう途中、頭にはゴットファーザーの曲しか流れて来なかった。
 
「A社からB社にする件だけどー」
あーですよね。その件ですよね。
もう説明した通りですーと言っても引かない。それどころか論破してくる。
受話器向こうでも想像できる程のドヤッ感がなんとも・・・。

結局今日の所は一旦折れました。
明日また改めて色んな所に根回しして再度戦う!!
別に意見を全く受け入れない気はないし、正しい事も言ってるとは思うのですが、一方的にルールを変えるのではなくて、そのルールを作っているこちらの意見も聞いてくださいよという話です。


今日唯一、安田さんに勝ったのは
「この”きたぐに銀行”ってどの辺にあんの?」
「”ほっこく”の事なら北陸ですね」ドヤッ
っていう北國銀行の話くらいかしらね・・・・・・・泣
勝ったって言わないよなあ、単なる専門知識だもんなあ。


そんな怒涛の一日を終えて明日からまた新しいステージに向かうわけで。
どんな仕事が待ってるんだろう。

とりあえずこれを朝一で片付けよ(´・ω・`)
明日も一日頑張りますすすすすん。
※所々フェイク入れてます