読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世渡り下手の人生

~要領よく生きれる日をずっと待ってる~

自分の人生にいばら道を作った人間の記憶が私を強くしている


先日、自分の元上司の話を書いた。

applelife.hatenablog.com

 でもこの時にふと思い出した。
「この人は人生で出会った2番目にヤバい人だ」と。
2番目なんだ。1番ではないのだ。
そう、どんなに頑張ってもこの人は1番にはなれない。

人生で最もヤバい人は小学校の時の担任の先生だから。
この人の上を行く人に出会う事なんてこの先あるのだろうか。


初めてこの人に出会ったのは小2の始業式だった。
女の先生で名前はS。年齢は40~50間位のオバさん。その時のイメージはそれだけ。
でもすぐに本性を出してきた。

~名前で呼ばれない日々~
始業式が終わり教室へ。
Sは自己紹介を終えるや否や開口一番に言った。「皆さんを出席番号で呼びます」と。
意味はそのまんま、「名前では呼ばないよ」って事。あまりにも衝撃的だったからいまだに覚えてるけど私は31番でした。(40人のクラス)

~言葉より先に暴力~
とにかくゲンコツが好きな人だった。理由なんて大した事ない。
連絡ノート書くのが遅いとか、牛乳残してるとか、宿題忘れたとか。
意味が分からないのだと、鉛筆の芯折れ過ぎとか、物落とし過ぎとかで殴られてる子もいた。最早ただの独裁政権

~イジメのターゲットを決める~
これ一番ダメなヤツーーーーーーーーー。
しかも生徒が完全に皆洗脳され始めた頃にやり出した。
「Aはノロマ」と1時間に1回ペース位で言い続ける→自然と皆の頭にインプットされる→Aはノロマだからイジメてよし!!→飽きた頃次のターゲットへ
勿論私もターゲットになった事がある。

~私利私欲を優先する~
Sの持ち歩くトートバックはいつもパンパン。
中身は1Lのコーラやお菓子、冬場は電気毛布とか。
何故かストーブは授業参観の時にしかつけてもらえなかった。自分は温かいから必要ないってか。


でも40人もいるクラス。流石にそれぞれが家で学校の話をすれば、生徒が洗脳されてても親が異変に気付く。私の親も気が付いた。

当時、母親たちが一斉に校長先生の元へ抗議に行ったらしい。
そして校長からは「先生がそんな事する訳ないです」の一言で片づけられたとの事。
この話を聞かされたのは中学生になってからだった。絶望させてはいけないと母親たち全員で黙っていたらしい。


~クラス替えで絶望~
ようやく1年間が終わった。
そして3年のクラス発表を終えて体育館へ。(担任の発表は体育館でされる)
「3組の担任は・・・S先生です!」と発表された瞬間に悲鳴が上がった。
今考えると悲鳴て・・・・先生達はどう思っていたのだろうか。
あ、私はもちろんその3組でした!!

この時既に他のクラスでは「S先生はヤバい人」とかなり広まっていたので、初めて3組になった人たちはビクビク。そして2年からS先生のクラスだった子たちもまた1年耐えるのかとゲンナリ。
この時に頭の中で考えていたのは「新しい出席番号早く覚えなきゃ」でした。

 
ここから1年間また耐えて耐えて、ようやく4年になった時に離れる事が出来た。
(この時の担任発表で泣きだす子もいた)
しかし4年からは他クラスとの合同授業とかも入ってきて、S先生のクラスで受ける授業もいくつかあった。でも凄いんだよね、誰ひとりとして喋らないの!レクリエーションなのに!!

そして小5の時にようやく別の小学校へ異動した。
その学校でも同じような事をしていたみたいだが、校長が優秀だったのか副担任に降格させたうえに、校長自身がS先生の行動を見まわったりしてくれていたみたいだった。
ウチの小学校は校長すらもダメだったんだな・・・・。



小学生の時の事だからインパクト強い部分しか覚えてないや。残念。
きっともっといろいろな事されてたと思うんだよなー。

この思い出が私を強くしてくれたのだ。
割とこの記憶のお陰で多少の辛さを耐えてこれたってのはガチ。

だから元上司のRさんはどんなに頑張っても2番。
この人に勝てたらもう訴訟もんでしょ 笑


今なにやってるのかが気になってググってみたのだけれども、フルネームで調べても何一つヒットしなかった。教師って異動履歴とか残らないのかな?
それとも名前が合っていないのだろうか・・・・(゜゜)