読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世渡り下手の人生

なんでもない日記です

過去に漢検をコンピュータで受験した事があったり


帰り道に本屋にふと目をやったら漢字検定の次回の申し込みが始まっていた。
そうか、6月にまたあるのか。

実は私も漢字検定2級持ってるのですよ(ドヤ顔
誤字資料の錬金術師なので、失効した資格と揶揄されてるけど。



ちなみに試験は準2級まで普通の公開会場での受験だったけれども、2級は丁度部活の試合と試験日程が被ってしまい受験が出来なかった。
かといって次の受験までかなり間が空いてしまうし・・・と思ったので、思い切って「CBT受験」の方法を選択した。

CBT受験とは、コンピュータを使っての受験で、ペンタブとキーボードのみの使用でする現代ならではの受験スタイル。
しかもコンピュータだからか結果も10日前後で出るし、なにより試験開催回数が多い。

ただ、一度に受験できる人数が少ないのですぐ満席になってしまう。
次回の予約が始まって、家帰ってきてネットで調べたらもう満席!!というのが2回続いてあった。なので予約が始まる日の朝から携帯でネット開けっ放しにして膝の上に待機させてたからね。
高校携帯禁止だったし、なにより授業中だし、色んな意味でドキドキした記憶がある。


当日、会場についてみると15人位の人が待機していた。
開場時間になり、席に案内されるとそこは両側につい立をたてられ、目の前にパソコンとペンタブ。しかも人数少ないからなのか想像以上に静か。
そしてここまできてようやく「ヤベ・・・ペンタブ使うの初めて・・・。」って思ったよね。

一応、始まる前にペンタブの練習時間が貰える。練習時間は無制限なので、操作に自信が付いたらようやく試験をスタート。私も結構練習しました。
なんか機械だから、「上手くはねられてないかも、はらえてないかも」とかいらん心配をして何度も書き直ししたりとかしていた。
消しゴムとかでゴシゴシやるよりはパッと消せるから楽だったけど、なんか無駄な時間も多かった気がする。

個人的には紙とペンで受験する方がやっぱり好きです(。´・ω・)

準1級・・・は、いつか挑戦する。
(゜-゜).。o○(その前に一般漢字勉強しなおした方がいいかな・・・。)