読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世渡り下手の人生

~要領よく生きれる日をずっと待ってる~

違うジャンルにも触れてみたい


最近になってバレエにハマっている。
鑑賞する方だし、知識もあるわけではないけれども、あの優雅に楽しく踊っている姿を観るのが好き。

帰宅中にもyoutubeで動画鑑賞している事が多い。
そんで帰宅したら音付きでパソコンで鑑賞。

いろいろな方の踊りを観たけれども、同じ踊りでも振付が違うんだなー。
衣装も可愛い(゜゜)!!


いくつか観た中でもいいなと思ったのが
ジゼルとエスメラルダ。

☆ジゼル☆
~第一幕~
村娘のジゼルと貴族の青年が恋に落ちるが、同じ村に住むジゼルを好きな青年が二人の仲を壊すために村の近辺にいた貴族の婚約者連れてくる→ジゼル発狂して亡くなる
~第二幕~
亡くなったジゼルは森の妖精となる。そしてジゼルの墓に二人の青年登場。
同村の青年→死の沼に問答無用で突き落とされる
貴族の青年→精霊たちに死に追いやられそうになるが朝が来て助かる。ジゼルも別れを告げ消えていった。

☆エスメラルダ☆
小説「ノートルダム・ド・パリ」の中の一部を切り取り、その中の美少女エスメラルダにスポットを当てた作品。
~第一幕~
ジプシーであるエスメラルダに副司祭が一目惚れ→そうだ誘拐しよう!!
計画はエスメラルダに騒がれ失敗、それどころか助けてくれた衛兵にエスメラルダは恋をしてしまう。
しかし衛兵には婚約者がいて、そのパーティーの余興としてエスメラルダは呼ばれる。
物凄く魅力的に踊るエスメラルダに魅了される衛兵→婚約者の父は怒りエスメラルダ達を追い返す。
~第二幕~
衛兵と愛を育んでいたエスメラルダの前に副司祭が現れ衛兵を刺す→気絶してその場に倒れていたエスメラルダが容疑者となってしまう。
後日牢屋に訪れた副司祭「俺のものになれば出してやるよ!」→エスメラルダ拒否、絞首刑も決定。
死刑執行日にもう一度迫る副司祭、それでもエスメラルダ拒否。その中、刺された衛兵と婚約者が幸せそうに歩いている姿を目撃し更に絶望。更に更に、幼いころに生き別れた実母とこの場で再会(身に着けていた物でエスメラルダと分かった)
でも分かった時には既に処刑を命じられた時で、知った母はショックで亡くなってしまう。
いろいろと絶望しながら最期を迎えるエスメラルダ・・・。


バレエって悲しい作品が多いのかな?
まだ全部の作品を知っている訳じゃないからあれだけど、全部楽しく踊っているものだと思ってた。
ストーリーを知った後で観かえすとまた違って観えるなあ。


いろいろな方の踊りを観た中でナタリア・オシポワさんの踊りはとても魅力的だった。
どれも伸び伸び元気に踊っていて、どんなに回っても軸がぶれてない!!





現在は英国のロイヤル・バレエ団に在籍されているそうです。
一度でいいから生で観てみたいなあ(´・ω・‘)


こうなってくると劇場にも足を運んでみたくなる。
新国立劇場では頻繁に公演してるっぽい。


もう少し知識付いたら行ってみよう!


明日からもう仕事かあ。なんか全然休んだ気がしない。
最近仕事の愚痴増えてきてるから気を付けないと。やっぱSNSとかブログであんまりそう言う事書いていると気分良く思わない人もいるよねっ。

今の状態の私は頑張る!!とは言えないというか言いたくないからアレだけど、それでも人間関係含めて皆がいい方向へ進めるように動いて行こう。

冬のボーナスで自分へのご褒美はーiphone6Sですかねえ♡


程よく力入れすぎないように明日からも一週間仕事します~(^^)